咖哩通信 Vol.92

≪くぐつ草≫ 97店目

今日は何故か吉祥寺に来てしまいました。
理由は、まあ、以前からの宿題店に行ってみようと、思いたったからです。

吉祥寺って、美味しいカレーを出す喫茶店が、いくつか在るのですが、今日はその中でも評判の ≪くぐつ草≫ を訪問したわけです。

P4050383
駅北口を出て、アーケード街の中に、怪しげな門構え。地下に降りてお店に足を踏み入れると、そこはさながら洞窟の中のようです。
地下の店舗とは思えない程の、広い空間の店内は、薄暗く、JAZZが低い音で流れています。

注文は、【カレーセット(ミニサラダ・ドリンク付)】(\1,580)を注文しました。飲み物を、アイス・コーヒーにしたので、\20アップの合計 \1,600です。
このセットのカレーは、基本の 【くぐつ草カレー】 ですが、この他に 【オムカレー】 が在って、こちらは ココナッツを効かせた、マイルドな味わいの様です。

P4050378
さて、やって来たカレーですが、ご飯の上にはレーズンが。そしてカレーの見た目も、所謂 <欧風> のカレーの様相を呈しています。

P4050379
やや、サラッとしたソースの中には、微塵切りの玉ネギ、角切りの牛肉が見て取れます。

ソースをごはんに掛けて、いただきまぁ~す。はいはい、最初のアタックは、玉ネギなどの野菜と、ブイヨンの味わいが強く感じられます。これは、<欧風カレー> 独特の味わいなのですが、その後の味わいが、お店の雰囲気同様、独特なのです。

その後味を醸し出しているのは、カレーソースに浮かんでいるスパイスの欠片と、ご飯の上のスパイスの粒なのです。

ソースの中の黒い欠片は、ブラック・ペッパーで、その後味に辛さとスパイシーさを与えています。
そして、ライスの上に散らされた、小さい粒はコリアンダー・シードでしょう。いわゆる “香菜” と呼ばれているスパイスの種が、爽やかでありながらクセを感じる、複雑な後味を演出しているのです。

スプーン運ばれたカレーが、口の中で噛み締める度に、その味わいがみるみる変化していくのです。
そのためか、飽きることなく、アッと云う間にカレーを平らげてしまいました。

コリアンダーのクセのある味わいと、“洞窟風” の店内におかげで、中近東のCaféい居る錯覚に陥ってしまいます。(少々大げさですけど。。。)

P4050380
食後のアイス・コーヒーは、銀色のマグで出てきました。(エスニックな雰囲気ですね。)

P4050381_1
灰皿も、オリジナルでしょう。この辺に、お店のこだわりが強く、窺えます。

このお店、一言で言い表すなら、「長居がしたくなるお店」ですネ。
カレーを食べた後、コーヒーをゆっくり味わいながら、読書や物思いに耽る。そんな時間の過ごし方にピッタリの、貴重な空間ですネ。
コーヒーだけでも、十分楽しめそうです。

☆今日のVICK☆
002_3
「うぅ~ん、ムニャムニャ。」
そろそろ、オネムのようです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咖哩通信 Vol.91

≪咲蘭房(さくらんぼ)≫ 96店目

本日の 「カレー活動」 は、京王線シリーズです。
ところで、皆さん 『柴崎』 って駅をご存知ですか? 調布市に在りながら、各駅停車しか停まらない、地味~な駅です。
そんな場所に、小野員裕サンが好きなカレーを供するお店が、存在しているのです。

P3290352
その地味~な、柴崎駅の南口を出ると、すぐ目の前。徒歩0分の場所に、≪咲蘭房≫ があります。
P3290357 (こんな感じの入口が2Fに在ります。)

お店の内装や雰囲気は、JAZZ BAR そのまんまといった感じです。店内の壁のあちこちには、フランク・シナトラのレコード・ジャケットやポスターが貼られています。
“夜の匂い” がするお店ですね。こういう雰囲気のお店、大好きです。タバコの煙と、氷がグラスにぶつかる音。低く流れるJAZZ。。。 良いですね。

がしかし、今は昼間です。さて注文は、基本の 【ビーフカレー】(\650)にしてみました。
(ちなみに、後で入店してきた若いカップルには、「ハンバーグ・カレーがお奨めですよ!」、ってオーナーが言ってました。(T_T)/~~~ おいおい。。。)

P3290353_1

「はいっ。カレーですヨ。」 ってな感じの、何の変哲も無いカレーです。この力の抜け方が良いんでしょうか。
具は薄切りの牛肉に、拍子切りの玉ネギ。はい以上、それだけです。ものすごーーーく、シンプルです。

見た目は、「これ、市販のカレー・ルー使ってますよネ?」 という感じなのですが、中々どうして。家でこの味を出すのは、難しいですよ。(まあ、当然ですけどね。。。)

う~む、何でしょう。何が特別に凄いとか、スパイスの使い方が上手とかでは、ないんだけど。この味わいのカレーが、出来てしまう事が不思議ですネ。

そんな事を考えながら、再び店内を見回してみると、ある事に気が付きました。
店内に幾つも、時計が飾られているのです。そしてその時計ひとつひとつが、同じ時間を指しているのです。
時計の針は、3時10分前を指しています。会計時に、オーナー(?)にその事を尋ねてみると、「ブログにも書いてあるけど、シナトラが死んだ時間なんだよネ。」、って教えてくれました。(ちなみに、2時50分は日本時間です。)

JAZZの名プレーヤーのような、肩肘張らずに、サラッと演じてしまう、そんな印象のカレーでした。

P3290356
店を出ると、一斉に開花した桜が、私を迎えてくれました。。。

<ショップカード>
001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咖哩通信 Vol.89

≪かれんど≫ 94店目:99食目

本日、実は違うお店に訪問したのです。が、しかし、お目当てのメニューが、ランチ・タイムでは提供されていなかったので、そこから電車に乗って、近くの調布に向かいました。

という事で、以前にチェック済みだった、≪かれんど≫ へ向かいました。ネット等で見てみると、“薬膳” という言葉が出てきて、中々個性的なお店という事ですが、さてさて。

駅の北口を出て、建物の間の細い路地を入ると、お店が見えてきます。看板が見える辺りから、スパイスの香りが漂ってきます。
P3230343

店内のお客さんは、近所の住人と思しき方達と、サラリーマンが半々といったところでしょうか。
さて、今回は 【キーマカレー】(\600)を注文してみました。
それにしても、このお店は 「何屋」 サンなのでしょう? 壁に貼られた短冊状のメニューには、【あんかけカリーうどん(ミニご飯付き)】(\850)とか、【親子丼】 までラインアップされています。

しばらくすると、お通し(?)風のモノが運ばれて来ました。千切りキャベツの上に、木綿豆腐の薄切りが乗っかっていて、カツ節と醤油が掛かっているという、酒のアテの様な、サラダの様な、不思議な一品です。(動揺のためか、写真を撮り忘れました。m(__)m)

P3230337   P3230339
そーこーしてる内に、カレーがやって来ました。
おや? 【キーマカレー】 にしては、シャバシャバした感じですね。見た目では、「ちょっと水分多めの、ミート・ソース」 といった感じです。

P3230341
ご覧の様に、ご飯に掛けるとソースが、“すうゥ” と沈んで行きます。『玉ネギと挽肉のカレー』 と言った方が、しっくりくるかもしれません。

とにかく頂きます。粘度が無い分、あっさりしていて、食べ易い感じです。胃がもたれている時なんかには、ピッタリかもしれません。
玉ネギも、粗めの微塵切りで、何処と無く <お家系> のカレーの雰囲気です。

それでも、クローブやコリアンダーが効いていて、スパイシーな味わいではあります。
個人的には、【キーマカレー】 と言うよりは、『玉ネギと挽肉のカレー』 という印象ですが、スパイス(薬膳)に拘って作っているな、というのは十分伝わってきます。

食後には、アイスクリームが出てきました。ラムが掛かっていて、大人の味わいでした。お通し(?)とアイスクリームが付いて、このお値段は、確かにお値打ちです。

【あんかけカリーうどん】 も有名らしいので、チャレンジしてみたいのですが、これからの季節には、「チョッと。。。」 って感じなので、次の冬まで待ちましょうかネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咖哩通信 Vol.61

≪アンジュナ≫ 65店目:70食目

今日は、月イチ企画の(?)「プチお出掛けカレー活動」 を行いました。
京王線に乗って、高幡不動駅で下車します。どーやら、高幡不動というのは、新撰組に縁があるようですネ。(詳しい事は、全く不明です。)

Pc210342
その高幡不動尊へ続く参道へ入って、最初の細い路地を右に曲がった所に、今日のお目当ての 『アンジュナ』 は在りました。
Pc210341

店内はウッディーな作りで、町のオシャレな喫茶店、といった趣です。お店は、ご夫婦と思しきお二人で、切り盛りされていました。

早速メニューを拝見すると、ランチ・タイムは、結構豊富なメニュー構成です。
基本のカレーは、【日替わりカレー】 を入れて8種類在ります。そしてそれら全てが、本格的な “インドカレー” のラインアップとなっています。
また、ライスとナンの組み合わせも自由に選べ、例えば 【ライスとハーフ・ナン】 なんてチョイスも出来ちゃいます。

少々考えた後、カレーが2種類チョイス出来る、【ペア・ライス(チキンカレー、キーマカレー】(\890)を、【ライス大盛】(\100)でオーダーしました。

Pc210336
カレーは、大き目の銀色の皿に載せられて、私の元へやって来ました。

Pc210340_1   Pc210339
【チキンカレー】 は、手羽元が一本入った、サラサラの南インド・スタイルです。一方 【キーマカレー】 は、グリンピースの緑が鮮やかな、典型的な “キーマ・マター” です。

最初は、【チキン】 から頂いてみます。赤唐辛子が一本入っていたので、結構辛口なのかと思ったのですが、辛さは強くなく、玉ネギの甘みが感じられる、マイルドな一品です。
その一方で、クローブ がアクセントで効いていて、爽やかなスパイシーさが、口に拡がります。

【チキン】 を半分程食べ終えてから、【キーマ】 へ移行しました。こちらは、【チキン】 と打って変わって、スパイシーさが前面に押し出されています。
鶏挽肉を使用した、一見マイルドな風貌ですが、辛みも強く刺激的な味わいです。そしてこの 【キーマ】【チキン】 と同様で、クローブ の存在感が際立っています。ホールのクローブが、挽肉の合間に数多く見受けられます。
店主がクローブ好きなのでしょうか?

異なった味わいの、2種類のカレーを交互に味わっていると、大盛のご飯も、あっと言う間に無くなってしまいました。

この味わいで、種類も豊富とくれば、通いたくなるのが人情です。が、いかんせんロケーションが。。。 お近くにお住まいの方が、羨ましいかぎりです。
高幡不動尊へ参拝の折には、是非どうぞ! お奨めの、お店ですヨ。

<ショップカード>
Pc220346_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咖哩通信 Vol.53

≪香鈴亭≫ 57店目:62食目

さて今週も金曜日を迎え、普段なら週末モードに突入なのですが、実は明日も仕事 。(ToT)/~~~
「ええいッ!こうなったら、カレーでも食ってやるっ!」 てな事で、今日も 「カレー活動」 を実施しちゃいました。

そこで今日は、“プチ・お出掛け” モードの、「カレー活動」 をしちゃいました。
ほ・ほ・ほ。とゆー事で、中央線の特快に乗って、国立 を目指しました。
おお、「国立」 。何て素敵なネーミング。「国分寺」 と 「立川」 の間の町。そこで、安易に付けた名前が、「国立」
兎に角、初めて国立駅で下車しました。

南口に出てしばらく歩き、一橋大学の近くに、本日の「カレー屋サン」 はひっそりと佇んでいました。先日の 『ラ・カンパネラ』 に引き続き、小野サン が、「稀にみる。」 と称したカレー屋、『香鈴亭』 です。
Pb240204

扉を開けると、女性が一人(店主の奥様でしょうか?)、玉ネギを刻んでいました。他にお客さんの姿は無く、思わず 「あっ、お店、まだですか?」、って聞いちゃいました。
でも、営業中との返事を聞き、一安心です。(ここまで来て、休業ぢゃ。。。)
カウンターに座り、早速 【チキンカレー】(\1,000)を注文します。

Pb240207   Pb240205
思いの外早く、カレーが運ばれて来ました。
途端に、私の鼻先に、スパイスの香りが、匂い立って来ます。これ程、スパイスの香りが、攻撃的なまでに攻めてくるカレーには、中々巡り会えません。
そして、ライスの盛り方は、渋谷の銘店 『ムルギー』 のスタイルです!

とにかく、カレーをひとくち、口に運びます。 「おほっ。これは凄い!」 スパイスが線香花火の如く、口の中で弾けている様です。まさに、野生を剥き出しの味わいです。
たあぼうサン が、書いている通り、「スパイスが口の中で、踊って」 います。

小野サン は自著 『東京カレー食べつくしガイド 104/380店』 の中で、このお店の店主が、炒めたスパイスを大理石の石臼に入れ、大理石の擂り粉石で当てている様子を、記述しています。
成る程、このカレーを味わうと、小野サンが目撃した様子が、当然に思えます。

そしてそのスパイシーな味わいの、アクセントになっているのが、トマトの爽やかな酸味です。このトマトの酸味が、カレーに複雑な味わいを与えています。

Pb240209

更に、このお店の特徴は、カレーの付け合せの 【野菜のサブジ】 です。まだまだ、短い 「カレー活動」 ですが、【サブジ】 が付け合わせのカレーは、初体験です。
そしてまた、この 【サブジ】 が美味しいったら。これだけで、ご飯が十分食べられてしまう程の、味わいなのです。

いやいや、ここまで徹底してやられると。“脱帽”、の一言でしょう。
このスパイス使いを体験すると、どーしてもこのお店の、【キーマカレー】 が食べたくなってしまいます。
ちょくちょく、国立まで足を運べないのが、残念でなりませんナ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咖哩通信 Vol.44

≪アサノ≫ 48店目:52食目

さて今週も始まりました。週頭から、「カレー活動」 に励みますヨ!
そんなこんなで、今日はちょっと遠出してみました。

小田急線に乗り、町田までお出掛けです。
駅を降りてびっくり。いや~、町田って都会ですね!渋谷っぽいですね、街の雰囲気が。

今日のお目当てのお店は、その華やかな街並みにそぐわない、古びた路地裏に在りました。(でも、繁華街の一角に、この路地が在るのも、“渋谷” に似てますね。)

Pa300067   Pa300066
この、「仲見世飲食街」 の入口に、お店の看板が置かれていました。
そのお店の名前は、≪アサノ≫ です。

大人がすれ違うのがやっと、という細く暗い路地は、時代に取り残された雰囲気が漂っています。
Pa300059

扉を開けると、そこはカウンターだけの、6・7席の狭いお店です。
そして、名物メニューの 【カツカレー】(\1,400)を注文します。看板にも有りましたが、このお店のメニューには、枕詞として “リッチな” が付いています。

Pa300062
注文を済ますと、お新香がカウンターに置かれます。このお店のご主人は、「漬物博士」 らしいのですが、このお新香を一口食べて、その肩書き(?)に納得です。

さて、本題の 【カツカレー】 ですが、カツはまさに 「トンカツ屋さん」 の如く、注文が入ってから下味を付け、小麦粉を叩き、卵にくぐらせパン粉をまぶして、揚げるという行程で用意されます。

Pa300063   Pa300064
そして、運ばれて来たカレーは、ご覧の様に、「カツカレー」にしては、独特のヴィジュアルの一品です。
ジャガイモ・人参・インゲンが、カレーに彩りを添えています。

一口カレーを味わうと、このカレーのレベルの高さが分かります。想像と違い、非常にスパイシーなカレーで、“インド風” の味わいです。特に クローブ の香りが強調されていて、およそ 「カツカレー」 に合わせるカレーのイメージとは、全くかけ離れています。
“カレー” そのもののレベルが高いのです。

そしてご主人がこだわっている、“カツ” を頂きます。神奈川県産の、 「高座豚」 のロースを使用したカツは、柔らかく、それでいて歯応えが楽しめ、しっかりした旨みが、感じられます。

この 「カツカレー」 は、このお店でしか味わえないでしょう。
“カツ” が美味しいお店は沢山在りますし、“カレー” も美味しいお店もあります。
また、「カツカレー」 のカレーというと、<家系のカレー> であったり、<欧風系> のカレーであるのが一般的ですが、これほど <スパイシーさ> を前面に出したカレーを使った、「カツカレー」 に出会ったのは、衝撃的でした。

でも、この【カツカレー】 を食べたからこそだけれど、これだけ 「カレー」 が美味しかったら、【チキンカレー】 で十分じゃないか、って思ってしまいます。

敢て、【カツカレー】 にする意味って、無いのかもしれませんね。
自分がもし、次回訪問したら、確実に 【チキンカレー】 を注文しますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伽里通信 Vol. 23

≪魔女のカレー≫ 27店目:30食目

さて、先週宣言しました、「女性オーナーの店」 訪問活動を開始せねばなりません。
そーはゆーものの、「で、女性オーナーのお店って、何処?」 っていうレベルなのです。今の自分は。そんな時、手助けをしてくれるのは、“カレー本” です。
今回は、水野仁輔サンの 『神様カレー』 を参考に訪問店を決めてみました。

東京カリー番長の神様カレーguide150 Book 東京カリー番長の神様カレーguide150

著者:みずの じんすけ
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

んで、都心からちょっと遠いのですが、そのお店の名前も気になって、遠路出掛けて行きました。(ちなみに仕事もしてますから・・・)
場所は、京王線の仙川。駅から徒歩1分。その名も、≪魔女のカレー≫ です!

店内は、7人も座れば一杯のカウンターのみ。店の奥にある券売機で、食券を購入します。今回は、【ビーフカレー】(\800)を、【中盛】(\100)でオーダーしました。
P8180409_1 (ミニサラダが付きます。)

P8180412_1
やって来たカレーは、ヴォリューム満点です!大き目の平皿に、浪波とルーが注がれており、そこに雪山の如くライスが聳えています。
ご覧のように、ルーは濃い目の茶色で、インド風というより “欧風カレー” の趣です。
ルーを飲んでみると、奥深い甘さが感じられます。多分玉ネギを長時間炒め、コクと甘みを引き出しているのでしょう。そして、ベースのスープも、しっかりした洋風のダシを使っていると思われ、濃厚な味わいです。
がしかし、所々でスパイスの刺激が感じられ、甘いだけの “欧風カレー” とは違うスタイルを持っています。
牛肉は、柔らかく煮込まれ、スプーンでも力を入れずに、ホロッと崩れます。この濃厚なルーと牛肉の相性はピッタリで、洋食の名店の一品の如くです。

ところで、今回のテーマの 「女性オーナーの店」 に関してですが、スタッフは若い男性が調理を担当しており、もう一人若い女性の方がサービスを担当していました。
お昼時で、忙しい時間であったので、その点を確認する事が出来ませんでした。
まあ、どちらにせよ、店名も ≪魔女のカレー≫ ですし、目標達成という事で。。。

あ、そうそう、このお店に気になったメニューがありました。数年前から一部で話題になっている、「カレーラーメン」 がメニューに載っていました。【炙りチャーシュー カレーラーメン(ライス付)】(\840)です!当然次回は、コイツを攻めちゃいます!

<ショップカード>
P8180413

| | コメント (0) | トラックバック (0)