カレー通信 Vol.107

≪アカシア≫ 112店目

祝! 梅雨入り!!
いや~、いよいよ今年も、あのジメッとした季節がやって来ました。
そんな、ジメッとした季節には、身も心もシャキッとさせてくれる食べ物、そーですカレーがうって付けなのです!
って事で、今日は新宿の老舗洋食店を訪問してみました。

新宿「アルタ」のちょうど裏手に在る、≪アカシア≫ が今日のターゲットです。(それにしてもここの所、老舗洋食屋さんのカレー巡りになっているな、、、)
P6140490

ところで、こちらのお店は、【ロールキャベツ】 が名物メニューなのです。私も、20年以上前に、何度か味わった事があります。(当時、一貫(1個の事です)が、¥300位だったような気がします。しょっぱ目のロールキャベツで、ご飯に合う味付けと、記憶しています。)

ですが、当然私はカレーを注文するわけです。選んだメニューは、【極辛カレーライス】(\1,000)です。他のお客さんのほぼ全員が、【ロールキャベツ】 を注文する中、異色のオーダーと言えます。

P6140492   P6140493
運ばれて来たカレーを見て、ビックリしました。正直な所、こんな本格的なカレーが出てくるとは、これっぽちも想像していませんでした。もっと、<典型的な洋食屋さん> 風のカレーが出てくるものだとばっかり思っていたのです。

サラリとしたカレーソースの中に、骨付きの鶏肉が3本鎮座ましましています。この見た目だけでも、本格派カレーの様相なのですが、そのカレーを一口食べてみて、またまたビックリなのです。
微塵切りの玉ねぎと、トマトが良くソースに溶け込んでいるのが伺えます。そして、多くのスパイスが、ホールのままふんだんに使われているのです。
クミン、カルダモン、コリアンダー。ブラックペッパーに、マスタードシードも入っているようです。<印度風カレー> を標榜しているお店でも、これだけスパイスが眼で見てとれるお店は、少ないのではないでしょうか。

「極辛」 と銘打ってますが、チリペッパーの辛さが全面に出ていないので、ガツンとくる辛さではなく、じんわりと効いてくるタイプのカレーです。この辺りの味わいも、本格派という感じですね。

良い塩梅に煮込まれた骨付きの鶏肉は、スプーンとフォークでは食べにくいのですが、ここは行儀を気にせず、手掴みでガブリと食べるのが、流儀でしょう。

いや~、何度も言うようですが、これ程のレベルのカレーが味わえるとは、本当にビックリです。食べてみないと分からないですね、カレーって奴は。

で、結論。私の見解としては、このお店は 【ロールキャベツ】 よりも、【極辛カレーライス】 が看板メニューとして、話題になるべきだと思うんだけどナ~。


☆今日のVICK & OTTEY☆

004_3 
「梅雨入りですって。」

001_8
「ぢゃ、お昼ねでも。。。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咖哩通信 Vol.79

≪珈穂音(カポネ)≫ 84店目:89食目

今日は、特に目的地(ターゲット店)も無かったのですが、取り敢えず新宿に向かいました。≪モンスナック≫ でも行こうかな、と思っていたその時、或るお店の名前が頭に閃きました。
≪モンスナック≫ と同じ 『紀伊国屋書店』 の地下に在る、≪珈穂音(カポネ)≫ です。

P2200241

まあ、このお店は、どー見ても居酒屋(お店の肩書きは、“和風レストラン” )です。実際、夜は居酒屋として営業しているのですが、昼時は庶民の味方の “定食屋” といった感じです。

13時を少し周った店内は、空席が目立っていて、すんなり座れました。
そして注文は当然 【かつカレー】(\735)です!
それにしても、ココの所、ず~っと 【カツカレー】 ばっかり食べている気がします。(途中、【カツ丼】 も食べてるし。。。) これだと、『咖哩通信』 ではなく、『カツカレー通信』 になってしまいますネ。(^_^;) 自分の “カツカレー信仰” に少々呆れてしまいます。

ランチ・メニューを眺めてみると、種類の多いこと。約50種類程在るでしょうか。
【お刺身定食】(\998)から、【たらこスパゲッティー】(\788)まで、幅広いメニュー構成です。

P2200239
まあそれはそーとして、カレーがやって来ました。店舗入口左にある、ショーケースのサンプルには、“本格インドカレー” と銘打たれていたので、期待が持てます。
成る程、カレーらしいクミンの香りが鼻を刺激します。

さてさて、カレーを頂いてみます。 ・・・・・
「あれっ? これ何処かで食べた記憶があるな。」 「あっ!これって実家のカレーぢゃん!!」
というワケで、私が小学生の頃、自宅で食べていたカレーの味にそっくりだったのです。
確か当時の我が家では、「S&B ゴールデンカレー」 を愛用していた記憶が在ります。

まさか、同商品をそのまま使っているとは思えませんが、「カレー粉」 などを使って仕上げているとも思えないのです。何て云うか、「カレー・ルー」 そのままの味って感じなのです。
“本格インドカレー” ってのは、何でしょうか?

一方の主役である 「カツ」 ですが、こちらも良くある “チェーン店風” のカツでした。揚げ置きではないと思いますが、衣が “サクサク” ではなく、“バリバリ” といった食感で、ちょっと残念でした。

カレーを食べている途中、何故か 【たらこスパゲッティー】 が気になって気になって、落ち着きませんでした。
「こいつは、ちょっと失敗したかな~。 スパゲッティー頼めば良かったかな~。」 という考えが、頭の中をグルグル周っていました。

どーせ同じ “B級グルメ” なら、「ホームランか、三振か。」 のスパにするべきだったのかもしれません。

次回、行きますよ~! スパ系メニューに。って事で、請うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咖哩通信 Vol.78

≪じゃがいも≫ 83店目:88食目

ここの所、バタバタしており、久々の 『咖哩通信』 です。
で、今日の目的地は四谷です。四谷三丁目の駅を出て、四谷方面へ。 “おふくろ的カレー” で有名な、≪じゃがいも≫ へ今日は訪問してみました。
P2160226

ランチ・タイムの店内は、さすがに満席です。それでも5分程で、カウンターの一番奥の席に着席出来ました。
3名の妙齢の女性が、テキパキと、そして威勢良く働いている姿が印象的です。
さて、何を注文しようか、と迷ってしまいます。『散歩の達人 ザ・東京グルメ』 の表紙を飾った、【ドライカレー】 も気になります。

そんな時、迷える子羊の私の眼に、飛び込んで来た 「ランチ・サービス」の文字。金曜日のサービス・メニューは、【カツカレー】 です。通常価格 ¥1,050が、金曜日は何と、¥840ですっ!
ただでさえ、【カツカレー】 という字面に弱い私は、さっきまでの迷いは吹き飛び、すかさず 「カツカレー下さい!」 と、叫んでいました。(叫んではいませんが。。。)
ちなみにこの「ランチ・サービス」、月曜日は全メニューに 【玉子(ゆで・生)】 付き、水曜日は 【ハンバーグカレー】 が¥840(通常 ¥1,050)で楽しめます。

辛さは、甘・中・辛の3段階で選べますので、私は 【辛口】 をチョイスしました。

P2160221   P2160222
そして、いよいよ 【カツカレー】 がやって来ました。
カツの上には人参が、そしてカレー・ソースの中には、大振りのじゃがいもが1つ、ごろりとした姿を見せています。
カツ自体も、かなり大きめで、揚げ立てのアツアツです。取り敢えずその、アツアツのカツを一口頬張ります。
さすがに揚げ立てだけあって、衣が口の中でサクサクと音を立てます。
カツの部位はロースで、脂身もご覧の様に、しっかり存在しています。
P2160223
中々レベルの高いカツですヨ、こいつは。

さてさてカレーはどうでしょうかネ。
見るからに <お家系カレー> の典型的なヴィジュアルですが、まさにその通りの味わいです。この辺りは期待を裏切りません!
少々トロミのついたソースは、甘さが先に立って舌に感じられます。【辛口】 で注文したので、その後しばらくして、唐辛子の辛さが舌を刺激します。
このソースの特徴は、トロミがキツメではなく、ややゆるめの、ちょいサラのソースになっている事でしょうか。
このカレーを、【甘口】 で注文したら、それこそ子供時代にタイム・スリップしてしまいしそうです。

ご飯は、ちょっと柔らか目の炊き加減ですが、これは敢てこの炊き上がりにしているのでしょうか。

物凄く印象に残るカレー、と云う一皿ではないのですが、逆にその控えめさが、人々を 「あっ、今日 ≪じゃがいも≫ 行っちゃおうかな。」 って、気分にさせるのかもしれません。心の片隅に、確実に残る味わいでしょう。

それにしても、このお店、メニューが多いこと。【ウインナー】 のトッピングから、【揚げシュウマイカレー】(\840)、【つくね団子カレー】(\840)なんてメニューまで在るんですから。こいつは、通っちゃいますよね。男の子なら。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

咖哩通信 Vol.58

≪ガンジー≫ 62店目:67食目

今日は以前から気になっていて、中々訪問出来なかったお店を訪問しました。
場所は、『王ろじ』 と目と鼻の先の、細い路地の雑居ビルです。
Pc120287

店名は、『ガンジー』 です。(ちょっとベタですね。。。)
階段を上がり、扉を開けると、髭に眼鏡の店主と思しき方が眼に入りました。そして BGMは、「ビートルズ」 です。
店名の 『ガンジー』 に反して、店内を漂う香りは、どことなく “欧風カレー系” の香り。

「うっ、これは。。。」 と思いました。というのも、小野サン始め、所謂 “インドカレー系” にはまった方々は、おしなべて “欧風カレー” の 「甘さ」 が苦手なようです。
かく言う私も、“インド・タイ風” に没頭している昨今、“欧風系カレー” に物足りなさを感じ初めており、その方面のカレー屋さんへの訪問を、意識的に避けているのです。
まあ、それはそれとして、【ビーフカレー】(\950)を注文しました。

Pc120283   Pc120285
やって来たカレーは、ご覧の様に、小振りのソースパンに入っていて、 “欧風” の雰囲気を醸し出しています。

ソースは黒褐色で、サラサラしています。具も牛肉意外は見当たりません。
兎に角、一口。確かに、洋食の “ブラウンソース” の味わいはしますが、後味が甘き無く、シャープな酸味を感じる、独特の味わいです。

Pc120286
牛肉も、小振りの一口大で食べ易く、重さを感じません。

“欧風カレー” は、味の変化が少なく、食べ進む内に重さを感じてしまう事が多いのですが、このお店のカレーは、最後まですんなり味わう事が出来ました。

こんな思わぬ発見が、食べ歩きの楽しみのひとつでしょうね。
「人は見かけによらない。」 の例えは適切ではないのかもしれませんが、「十人十色」。
カレーは食べてみないと、分かりませんね。その味わいは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咖哩通信 Vol.51

≪メーヤウ・信濃町店≫ 55店目:60食目

さあ今日は、念願のお店に訪問です。そして、切りも良く、60食目の記念カリーです。

という事で、車で信濃町を目指しました。慶応病院隣の駐車場に車を停め、徒歩1分。外苑東通り沿いの、ちょっと古めのビルの地下に、目指す 『メーヤウ・信濃町店』 は在りました。
Pb210186

Pb210173
12時半頃に訪れたので、お店に続く階段は、ご覧の行列です。それでも回転が早いのか、10分も待たずに入店・着席出来ました。

Pb210175
席に着き、メニューを一瞥し、【メーヤウカレー(大辛)】(\680)を、【御飯大盛】(\100)で注文しました。

Pb210177   Pb210178
2分も経たない内に、カレーが運ばれて来ました。成る程、これなら回転が早い訳です。
カレーは、表面に赤い油が浮いており、確かに辛そうです。
そしてカレーは、スープ状の “サラサラ” タイプです。同じ チキンカリー でも、『信大前店』【インド風イエローカリー】 とは、明らかにソースのタイプが違います。(ちなみに、『早稲田店』『神保町店』 では、ポークカリー しか食べていないので、違いの程は判りません。)

取り敢えず、ソースだけを口に運びます。スープ状のソースは、確かに辛いのですが、その辛さは爽やかな辛さです。
そして、ココナッツナムプラー の、“タイ風” のニュアンスが、仄かに感じられます。

Pb210181 (ご飯に沈む、サラサラのソース。)

そして、具材は定番の、骨付きの鶏肉・ジャガイモ・茹で玉子です。中でも驚いたのが、骨付きの鶏肉です。他店に比べて(『メーヤウ』 だけでなく、骨付きチキンを具にしているお店も含めて。)、明らかにヴォリュームがあります。
何故か。理由は、このお店の鶏肉が、「もも肉」 だからです。普通は、「手羽元」 を使うのが一般的ですから。そして、「もも肉」 の長所としては、そのヴォリュームだけではなく、味わいと歯応えが、“しっかり” している事が挙げられます。このお肉の存在で、カレー全体が、リッチなものになっている、と言っても過言ではないでしょう。

食べ進む内に、辛さが体を巡り、汗が徐々に流れてきます。
それでも、スプーンを動かす手を、止める事は出来ません。このカレーの、“コク”“辛さ” が、余りにもご飯に合うのです。まさに、「魔性」 のカレーです!

店内には、学生の姿が多く見られます。ヴォリュームといい、価格といい、学生さんの見方ですね。(まあ、慶応・医学部の学生には、価格は余り関係ないかもネ。。。)
こんなに美味いカレーが、毎日の様に味わえるなんて。羨ましいゼ、慶応・医学部。(色んな意味で。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咖哩通信 Vol.48

≪メーヤウ・早稲田店≫ 52店目:57食目

さて今日は、早朝から外出し、バタバタと午前中を過ごしました。
仕事が一段落して、時計を見るとまだ、11時前でした。早朝(7時頃)から動いていたからでしょう、思いがけなく時間に余裕が出来ました。

そこで、「これはチャンス!」 と思い、早稲田方面へ向かいました。
早稲田に着いたのは、丁度11時半頃でした。車をパーキング・メーターへ停め、早足で 『メーヤウ・早稲田店』 へ向かいました。
Pb150103
そーいえば、この看板と同じ様な物が、【メーヤウ・信大前店】 の店内にも掛けられていた気がします。

店内にはまだ、4名程しか来店客は居ませんでした。
カウンターに座り、少々考えた後、【インド風ポークカリー】(\750)を注文しました。ご飯の量は 【中盛】(\0)にしてみました。(【中盛】 は、350g と結構な量です。)

Pb150101
卓上には、お馴染みの 【プリック・ナムプラー】 が置かれています。(ちなみに、この調味料持ち帰りで購入出来ます。確か、¥500だったと思います。)

Pb150095   Pb150096
それ程待たずに、カレーがやって来ました。大振りの豚ばら肉が入った、ヴォリュームを感じさせる見た目です。

ソース自体は、サラサラというより、多少粘度が有るタイプです。
辛さも適度で、スパイスの味わいが楽しめます。

Pb150097
豚肉も “ほっくり” とした柔らかさで、しっかり下味も付いています。
カレー・ソースに比べ、ご飯の量が多いかな、と思ったのですが、ソースのスパイシーさと、豚肉のしっかりした味わいのおかげで、バランス良くご飯を完食出来ました。

Pb150102
そうそう、12時までに入店すると、【ラッシー】 がサービスで楽しめます。
この 【ラッシー】 の酸味と仄かな甘みが、スパイスと格闘した舌先を、優しくいたわってくれます。このサービスは、有難いですね。  

週替わりのメニューも在り、毎週訪れても飽きないようなメニュー構成になっています。早稲田の文学部の学生が、羨ましい限りです。足を伸ばせば、『夢民』 も在るしね!

<ショップカード>
Pb150107   Pb150108

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咖哩通信 Vol.45

≪王ろじ≫ 49店目:53食目

今日は、何となく新宿へ足が向かいました。
そこで、まだ取り上げていなかった老舗を、訪問してみることにしました。

「新宿三丁目」の駅で降り、伊勢丹の脇から地上に出て、路地を左に入りすぐ。
“路地の王様” から名付けられた、≪王ろじ≫ が目に飛び込んで来ます。

カウンターに腰掛け、【とん丼】(\950)を注文します。
大正十年創業のこのお店では、「カツカレー」 のことを、【とん丼】 と称しており、名物メニューとなっています。

“カツ” のメニューは、 注文をしてから出来上がりまで、10分以上掛かるので、カウンターに置かれた 「週刊文春」 を読みながら、到着を待ちます。

Pa310069   Pa310073
そして、12・3分後、独特の姿の 【とん丼】 が運ばれて来ました。
このお店の特長である、棒状に揚げられたヒレカツが、シンプルなカレーの上に、聳え立っています。
そしてそのカツの山頂から、ウスターソースが、カレーに向かって注がれています。

カレー自体は、そのヴィジュアルとは正反対に、至ってシンプルです。
小麦粉でしっかりとトロミをつけられたカレーは、味わい・見た目共に、日本人に馴染みのカレーです。
ちょっと甘めのカレー・ソースに、ぴりっと辛いウスターソースが、“もったり” としたカレーの良いアクセントとなっていています。

カツは香ばしく揚げられていて、肉の柔らかさとの、食感の違いが楽しめます。

ただ、毎回思うのですが、ご飯が。。。
「おはぎ」 の様に、もちもちとしており、どうも好きになれません。初めて食べた時は、「ああ、今日は炊き上がりが、ヤワかったのか。」 と、思いましたが、それ以降も同じ状態なのです。
う~ん。このご飯だけがな~。【王ろじ漬】 もさっぱりしていて美味しいのに、ご飯だけが残念でなりません。
何とかならないものでしょうかネ。でも、きっと、何ともならないかナ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伽里通信 Vol. 19

≪カフェ ハイチ≫ 23店目

さて、今週は先日宣言したとおり、「ドライカレー(キーマカレー)」 強化週間です!
そこで、今一度私の、“ドライカレー探訪” の原点を見つめ直すために、あのお店に行ってみる事にしました。

もう、お分かりですね。今日のお店は、≪カフェ ハイチ≫ です!!
今日は、天気も怪しかった事ですし、駅から外に出ずに済む店舗へ行く事にしました。
東京メトロの新宿駅を出て、サブナードへ。 このサブナードに在る店舗は、意外と穴場でして、昼時に訪れてもそれ程混雑していません。

とにかく、【ドライカレー】(\850)を注文します。
P8080289
いつ見ても、食欲をそそるこの姿。福神漬けの鮮やかな赤が、彩を添えています。
シットリとしていながら、“カレーですっ!” と主張する、スパイスの香りと味。 いつ食べても、変わらない味わいは、嬉しい限りです。

以前書いたように、初めてこの「ドライカレー」を食べてから、ドライカレーを何度も家で作ってみたものです。そこそこ美味しいモノは出来るのですが、それでも(当然ですが。。。) 『ハイチ』 のドライカレーと比べると、やっぱり、全然違う代物になってしまうのです。

そうそう、このお店のもう一つの名物は、【ハイチコーヒー】 です。
P8080290
食事とセットになっているので、必ずこのコーヒーが楽しめます。厚手のカップに注がれたコーヒーは、香り高く、爽やかな苦味が特徴的で、砂糖と一緒に運ばれくるラムをたらせば、その独特の香りが、より一層華やかなものとなります。
こんなに満足出来て、¥850! 抜群のコストパフォーマンスです。

今日、 ≪カフェ ハイチ≫【ドライカレー】 を食べ、初心に帰ることが出来ました。
これからも、迷わず「伽里活動」を続けて行こう、と改めて思いました。良かったネ!

<ショップカード>
P8080293   P8080297
手作り感が、ほのぼのとします。それにしても、こんなに店舗が在ったんだ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伽里通信 Vol. 11

≪夢民≫

今日も雨模様。こんな日は刺激的な食べ物を胃袋に入れ、憂鬱な気分を振り払いたいところです。
で、しばらく前から胃袋が欲していたカレーを、食べに行く事にしました。

雨の中、営業車で高田馬場へ。そうです。≪夢民≫ です!!
13時位に到着したのですが、意外と空いており、待たずに着席です。
本日は、【ベーコン・エッグ・野菜】(\800)を、【4番】(\30)で注文しました。
ぢゃ~ん!登場です!
P7210097   P7210098

このキャベツのシャキシャキ感が堪りません。≪夢民≫ のカレーを食べた事のない人には、カレー風味の野菜炒めに見える事でしょう。
やはり ≪夢民≫ のカレーは、「カレーではなく、“夢民”という食べ物である!」 といったところです。もはや ≪二郎≫に通じるような、独自性と風格を漂わせています。

あっという間に食べ終え、お会計をすると、いつもの “キャンディ” を手渡されます。
P7210100
キャンディを口に放り込んで外へ出ると、雨脚が少し弱くなっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伽里通信 Vol. 2

≪夢民≫

この日は、先日の木曜日に、しこたま飲んでしまったため、二日酔い気味の体調でした。そんな体調ですと、当然辛いモノを食べ、汗をかかなければいけません。生憎の雨模様でしたが、愛車の軽自動車(営業車)を駆って、高田馬場を目指しました。

高田馬場といえば、当然 ≪夢民≫ ですね!以前、当ブログでも汐留店の記事をお伝えしましたが、やはり本店に関してお伝えせねばなりません。
早めに(11:30頃)お店に着いたので、まだ店内には1人しか来客していませんでした。
しばらくぶりの本店です。で、【ポーク・トマト】(\730)に 【エッグ】(\80)を、【3番<ホット>】(\20)で注文します。
P6090037
こんな感じで運ばれて来ます。

ちょっと、カレーにフォーカスしますと。。。
P6090036
ルーが、少しご飯の上に乗っかって出てくるのが、≪夢民≫ スタイルです!
久しぶりの対面に、わき目も振らず、ひたすらカレーと向き合います。
「やはり美味い!!」 この一言です。
P6090038 (トマト・卵・ポークの具が、良くご覧頂けるでしょう。)
徐々に、頭皮から汗が染み出てきます。薬味のキュウリの漬物を齧り、またカレーへとスプーンを走らせます。あっという間に、食べ終えてしまいました。
お会計をすると、お釣りと一緒に、キャンディーを手渡してくれます。このサービスも変わっていません。(この、アーモンド・バターキャンディ(?)が、辛さに痺れた口内を癒してくれます。)
結論。≪夢民≫ へ行くなら、本店に限る!!
オーナー夫婦のカレーを間近で堪能して下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧