« カレー通信 Vol.105 | トップページ | カレー通信 Vol.107 »

カレー通信 Vol.106

≪キッチン モーリ≫ 111店目

今週は休みを取って、長野・山梨方面へ行って来ました。
となると、当然実家に立ち寄る事になるわけです。で、そーなると、松本市内のカレー屋を訪れたくなるのは、人情というものです。

今回は、私が幼少のみぎりから通っていたお店を、訪問してみました。≪キッチン モーリ≫ です!

061  062
駐車場に掲げられている看板、いいっすネ。『1分ナンテ待たせるもんですか!』、のフレーズ。子供の頃から、慣れ親しんだフレーズで、これを眼にすると、懐かしさが込み上げて来ます。

以前(5年程前まで)は、上土という場所にもお店があったのですが、今はこの蟻ケ崎店だけの営業のようです。
それにしてもこのお店、何年位営業しているんだろー?(お店の方に、聞き忘れました。)私が小学生の頃から地元の人気店だったので、40年以上、50年近く営業しているのではないでしょうか?

店内は相変わらずの様子。ちょっとガタピシした感じが、いっそう郷愁を誘います。
何はともあれ、このお店の王道メニューである、【カツカレーライス】(\900)を注文します。私の記憶の中では、このお店イコール、 【カツカレーライス】 をオーダーしていた、という図式になっている程です。

058
先ず、スープがやって来ます。味の薄いコンソメ・スープ、といった感じですが、具に長ネギが入っている辺りが、涙ものです。。。

057
皆さん、どーですか? この素晴らしいヴィジュアル!
“昭和” の香りが全面に漂う 【カツカレーライス】 です。銀色のプレートに、カレー、キャベツ、ナポリタンが、三色丼さながらに配置されています。
このお皿が、目の前に運ばれて来ただけで、“感動” の一言です。余計な言葉は、もう必要有りません。

060
当然、ウスターソースを掛けちゃいます!
“もったり” として、微妙に甘めなカレーは勿論の事、5mm. 厚の薄めのカツは、高温でカリッと揚げられていて、私のハートを思いきり鷲掴みです。

もうね、味云々では無いですね。こーなってしまうと。ここより美味しいお店は、星の数ほど在りますけど、このお店の代わりは、在りませんからね~。
無くなったら、寂しいですね。ココは。。。

059
ちなみにこちらは、嫁が注文した 【チキンライス】(\700)です。シンプルですが、大き目の鶏肉がごろごろ入っています。


☆高原のVICK & OTTEY☆

008 
<八ヶ岳の麓(小淵沢)のコテージに、泊まってみました。>

122_1  125_1  
<アジリティーで、跳躍するVICK。>

099  102_1
<アジリティーの新しい用途を発見した、OTTEY!>

174_1  175_1  
<疾走する VICK。>

015_5  152_1
<脱力系の OTTEY・・・>

117 118 120
<オッ、OTTEYサン。意外と走るぢゃないですか。>

|

« カレー通信 Vol.105 | トップページ | カレー通信 Vol.107 »

コメント

うーん・・・美味しそうです
このカツカレーは是非食べてみたいですね。

投稿: 堤城平 | 2007年7月 4日 (水) 21時31分

城平さん
良い意味でも、悪い意味でも、期待通りのカツカレーです!
機会があれば、是非!

投稿: みうみう | 2007年7月18日 (水) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43271/6732140

この記事へのトラックバック一覧です: カレー通信 Vol.106:

« カレー通信 Vol.105 | トップページ | カレー通信 Vol.107 »