« カレー通信 Vol.109 | トップページ

らあめん放浪記 其之拾七

≪江ぐち≫ @三鷹

今日は、久しぶりに 「老舗ラーメン店探訪」 をしてみました。場所は三鷹。王道の中央線沿線です。

駅を出て南口へ。ロータリーから伸びる商店街を、歩いて1分ほどの雑居ビルの入り口に、シンプルな看板が出ていました。
P6210517

地下への階段の途中にも、入居店舗の看板が出ています。この辺は、雑居ビルの雰囲気を醸し出しています。
P6210518

地下への階段を下り切ると、正面に ≪江ぐち≫ の店舗が姿を現します。
P6210520

11時30分をちょっと周ったところでしたが、店内はほぼ満席でした。厨房を囲む形で作られた “コの字” 型のカウンターに腰を下ろし、迷わず 【チャーシューメン】(\550)を注文します。

厨房では、親父さんが麺茹でとスープを担当し、おばちゃんが仕上げに、具を右手で摘んで、ひょいひょいと麺の上に載せていきます。

P6210522
こちらが、≪江ぐち≫【チャーシューメン】 です!おばちゃんがヒョイと摘んだチャーシューが、丼一面に載っています。かなりアバウトな盛り付けです。
その一方で、ナルトだけは、きちんと “のの字” に置かれています。

まずスープですね。醤油だれ(かえし)の味が際立った、かなり甘めの味わいです。動物系どころか、魚介の香りもあまり立っていません。厨房のスープの寸胴を覗くと、定番の香味野菜と、鶏ガラが見てとれます。時間を掛けて、沸騰させずじっくりとスープを採っているのでしょう。

そして麺ですが、こちらがこのお店の特徴というか、独自の物なのです。
まず見た目ですが、中華麺というよりは、日本蕎麦と思える程、灰色がかっています。これは、麺に全粒粉の小麦を使用している為です。
また、麺のシェイプも縮れ麺でなく、ストレートタイプの太目の麺です。所謂 “中華そば系” では、確かに珍しいタイプの麺を使用しています。日本蕎麦では、『田舎そば』 風のしっかりした印象です。

その見た目の印象そのままに、食感も個性的で、しっかりとした噛み応えが有ります。あっさりとしたスープに、ストレートの固めの麺。この組み合わせは、タブーとも思えるのですが、どうしてどうして、対極の個性が丼の中でひとつになって、≪江ぐち≫ の味を創り出しています。

具のチャーシューは、薄切りのバラ肉で、数えてみたら12枚入っていました。厚切りのチャーシューでは、このラーメンの味を邪魔してしまう気がします。この薄切りのお肉だから、まとまった一杯が仕上がるのでしょう。それにしても、【チャーシューメン】 と言うより、【肉ソバ】 って感じですね。
やっぱり、50年近い歴史って、侮れませんネ。次回は 【五目ラーメン】 ですかね。

食べ終えてお店を出て、時計を見ると、まだ時間に余裕があったので、お向かいの喫茶店 ≪リスボン≫ で、お茶してみました。
このお店が、またナイスでした。メニューを見ると、デフレ・スパイラルに陥ったかの様な価格設定で、【ミルク珈琲】が、アイスで¥370という破格値なのでした。うーん、2度ビックリですね。恐るべし、三鷹! とても贅沢な気分を味わえました。

<追記>
そーいえば、このお店がモデルの小説(エッセイ)が存在します。
『小説 中華そば 江ぐち』 です。皆さんも、一度読んでみては?


☆今日のVICK & OTTEY☆

004_4   006_9
<おやおや、お二人さん、ダレダレですね。>

011_1
<でも、だからって、その寝相は・・・>

|

« カレー通信 Vol.109 | トップページ

コメント


紳助引退の真相はこちら
http://qjmrd0z.ato.zetto.info/

投稿: 大ニュース! | 2011年8月27日 (土) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43271/6895968

この記事へのトラックバック一覧です: らあめん放浪記 其之拾七:

« カレー通信 Vol.109 | トップページ