« カレー通信 Vol.103 | トップページ | カレー通信 Vol.105 »

カレー通信 Vol.104

≪カレ~ SHOP LEAF≫ 109店目

さてさて今日も、最近お馴染みの <ご近所カレー> のコーナーです。
本日は、或るブログ で発見したお店を、訪問してみました。

場所は、京橋交差点のみずほ銀行の裏手、有名洋食店 ≪ドンピエール≫ の先の細い路地を、左に入った所です。
P5290477   P5290484

店内は、カウンター6席ばかりと、小さなテーブルが2卓という、いかにも常連向けのお店といった感じです。

このお店のメニューは、大きく2つに分かれます。ひとつは、もちろんカレーです。そしてもうひとつは、ソースカツ丼です。
カレーは日替わりで 【サービス・メニュー】(\700)が設定されていて、今日は 【コロッケ】 でした。
【目玉焼きのせソースカツ丼】(\800) にも惹かれましたが、ぐっとこらえて、【カレーライス】(\650)に、【スコッチエッグ】(\150)のトッピング、さらにお腹が結構空いていたので、【中盛】(\100)で注文してみました。(ちなみに、【大盛】は \200 です。)

P5290480   P5290481
薬味はベーシックに、福神漬けとらっきょうです。カウンターの上には、ランチョン・マットが敷かれていて、その上にナプキンに巻かれたスプーンが、無造作に置かれています。
う~む、ナイスですね。

P5290483
こちらが、このお店の 【カレーライス】 です! ちょっと深めのお皿に、ご飯が半円形に盛られ、カレーソースが豪快に掛けられています。薄茶色のカレーソースの下に、キャベツの千切りが敷かれているのが、見て取れます。ナイスです。

さて、カレーを口に運びます。おお~、甘~い!
ベースのカレーソースも甘めなのでしょうが、玉ねぎと人参の甘みが加わって、お店で食べるカレーとしては、かなり甘めの味わいです。

カレーの具は、とろける程に煮込まれた、玉ねぎと人参。そして、繊維状にほぐれてしまった豚肉です。結構時間を掛けて煮込み、一日寝かせた感じのソースです。
この甘めのソースと、千切りのキャベツは、相性がバッチリです。

続いてトッピングの 【スコッチエッグ】 を頂きます。この 【スコッチエッグ】、ヴォリュームもあり、挽肉の味わいもジューシーです。ひとつひとつ手作りで仕込んでいるのが、はっきりと感じられます。

甘めのカレーソースと、ジューシーなスコッチエッグとなると、自然とウスターソースが欲しくなります。が、カウンターの上には、ソースなどの調味料の姿は見当たりません。
「ソース、有りますか?」、と聞こうと思いましたが、今回はこのデフォルトの味を、しっかり味わう事にしました。

途中、感心したのは、カレーソースがたっぷり掛かっている点です。ご飯を大盛で注文すると、カレーソースが最後足りなくなる事が多々在るのですが、このお店は、ご飯の最後の一粒まで、カレーと楽しめるほど、ルーがしっかり盛られています。

<お家系カレー> としては、値段がちと高めかな、とは思いますが、トッピングに 【生玉子】 を用意しているあたりが、私好みです。
う~ん、【ソースカツ丼】 もあるし、ちょっと通っちゃおうかな。。。


☆今日のVICK & OTTEY☆

<そろそろ、梅雨ですね。レインコートの準備は?>

001_7
「ちと、歩きにくいんですけド、、、」

004_2
「ボク、よく分かんないでしゅ。」

|

« カレー通信 Vol.103 | トップページ | カレー通信 Vol.105 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43271/6596164

この記事へのトラックバック一覧です: カレー通信 Vol.104:

« カレー通信 Vol.103 | トップページ | カレー通信 Vol.105 »