« カレー通信 Vol.102 | トップページ | カレー通信 Vol.104 »

カレー通信 Vol.103

≪元祖 櫓≫ 108店目

今日のランチは、中央区を飛び出して、久しぶりに神保町に来てみました。
神保町の駅を出て、≪共栄堂≫ の入っているビルの手前を左に曲がります。しばらくすると、いかにも居酒屋です、というお店が目に飛び込んで来ます。
そのお店の名前は、≪元祖 櫓≫ です。
P5240473

お店の前には、こんなお茶目な看板が置かれています。
P5240474

元々、このお店で働いていたバングラディッシュ出身のスタッフが、ランチタイムにカレーを出したら、それが評判になって今に至っているようです。
店内は、古めかしく雑多な感じがして、新橋の路地に在るオヤジが集う、居酒屋そのままの雰囲気です。

ランチメニューは、カレーが4種類です。定番の 【野菜カレー】【チキンカレー】【マトンカレー】 の他に、【日替カレー】(この日は 【サブジビーフカレー】)、 という構成です。値段は全て¥780で、サラダとデザートが付きます。
今回は、【マトンカレー】 をチョイス。そして辛さは、【4辛】 にしてみました。(1~5の辛さを、好みでオーダー出来ます。)

P5240475   P5240476
いかにも居酒屋っぽいお盆に載って、カレーが運ばれて来ました。カレー自体の見た目は、本格インド風 のサラッとしたものです。

カレーをひとくち。思ったよりも口当たりは優しく、さっぱりしています。もうちょっと攻撃的な味を想像していたので、肩透かしをくらった感じです。
ソースの中に多く見受けられる、玉ねぎの微塵切りが、この口当たりの柔らかさを演出しているのでしょう。

それでも2口3口と食べ進むと、20種類程使われているというスパイスの味わいが、じんわり口の中に染みてきます。

具材のマトンは、巧く下処理されていて、臭みは全くといっていい程感じられません。(でも、私にはちょっと物足りないんです。。。 もうちょい、羊っぽいクセが欲しいです。)

この近辺には会社も多く、ランチタイムのカレーという事で、「万人向け」 の味わいのカレーを提供している、という印象です。また、【ホワイトカレー】 という名物メニューも日替わりで提供するなど、中々商売上手な面も持っています。

でもココは、“カレーの聖地” 神保町です。このお店では、もうちょっとパンチの効いたカレーを、食べてみたい気がします。腕前は有る筈ですから、確実に。


☆今日のVICK & OTTEY☆

011 
<草原?に佇む VICK>

002_7
<そしてお茶目な OTTEY>

015_3
「おやすみなさい・・・」 (-_-)zzz

|

« カレー通信 Vol.102 | トップページ | カレー通信 Vol.104 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43271/6560256

この記事へのトラックバック一覧です: カレー通信 Vol.103:

« カレー通信 Vol.102 | トップページ | カレー通信 Vol.104 »