« 咖哩通信 Vol.94 | トップページ | 咖哩通信 Vol.96 »

咖哩通信 Vol.95

≪夢屋≫ 100店目!

さて、当ブログを開始して以来、約一年近く、ついに念願の100店訪問を達成しました!\(^o^)/

その100店目にふさわしいお店を、50店を過ぎた辺りから考えていたのです。数ある名店の中で、記念すべき100店目は、「ここしか無い!」と、この日まで取っておきました。

そのお店とは、浅草に在る ≪夢屋≫ です。小野さんをはじめとして、多くのカレー好きに愛されているお店です。
実は私、以前に訪問したのですが、お店が臨時休業だったのです。そんな事も考えると、何か縁のを感じてしまいます。

さてお店の場所ですが、分かり易くいうと、雷門をくぐり仲見世を浅草寺方面へ、途中2つ目の角を右へ。有名な洋食屋の ≪OMIYA≫ の先の右手です。

P4100403
こちらがその ≪夢屋≫ です。今日は開店間もない、11時40分位に訪れたので、私が1人目のお客でした。
100店目のお店で、その日開店したばかりの、ピカピカのお店のテーブルと空気。嬉しい限りです。

さて記念すべき注文の時です。このお店のメニューは大きく2つに分けられます。【カレー】【サブジ】 です。【サブジ】 は、ライスかナンが選べます。
悩み所ですが、今回は 【マトンカリー】(\860)を注文です。そして辛さを、中・やや・辛・極 の4段階から選べるのですが、ちょっと悩んで 『やや辛』 にしてみました。

P4100402
カウンターに置かれた薬味3種類です。左からお馴染みの 「福神漬け」、「大根の甘酢漬け」、「玉ねぎのアチャール」です。

P4100400   P4100399
ついにやって来ました! ≪夢屋≫【マトンカリー】 です。こうして、100店目のカレーを目の前にすると、感慨深いものが有ります。

P4100401
ランチ・タイムのカレーには、【手羽中のタンドリーチキン】【キャベツのサブジ】 が付いてきます。このサービスは、嬉しい限りです。

いよいよカレーを頂きましょう。カレーをひとくち口に含んだ瞬間、「ああぁ~、このお店を100店目に選んで良かったぁーーー!」、と素直に思いました。
微塵切りの玉ねぎが浮かんだ、サラサラのソースに潜む、スパイスの複雑な香りと味わい。そのインパクトのあるソースが、固めに炊かれたご飯に滲みていく様子。
こんなカレー、美味しいに決まってます。当然でしょ!

ちょっと小振りのマトンは、特有のクセなど全く感じられず、牛肉かと思ってしまう程です。(個人的には、クセが在った方が好みかな~。)

そして更に、付け合せの 【手羽中のタンドリーチキン】【キャベツのサブジ】 が、これまた美味しいんです。
そしてそして、薬味の 「大根の甘酢漬け」 と 「玉ねぎのアチャール」 がこれまた旨いと来てるんですから、言う事が有りません。(スパイスの香りと辛さで刺激を受けた口の中を、さっぱり洗い流してくれるので、次々に飽きることなくカレーを、味わえちゃうんです。)

いや~、ホント美味しかったです。
このお店が、私の 『カレー活動』 の一里塚になった事は、「感激」の一言に尽きます。

この感激を忘れずに、『カレー活動』 を続けて行きたいものです。次なる <名店のカレー> との出会いに向けて。


☆今日のVICK☆
004_1 
「ガジガジ」

006_2
「がじがじ、、、」

|

« 咖哩通信 Vol.94 | トップページ | 咖哩通信 Vol.96 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43271/6047285

この記事へのトラックバック一覧です: 咖哩通信 Vol.95:

« 咖哩通信 Vol.94 | トップページ | 咖哩通信 Vol.96 »