« 咖哩通信 Vol.95 | トップページ | らあめん放浪記 其之拾五 »

咖哩通信 Vol.96

≪カレーショップ C&C 新宿本店≫ 101店目

今日は101店目の訪問という事で、これからまた、新たな一歩を踏み出すわけです。
そこで、101店目記念企画(?)として、以前からこの日に訪問しようと思っていたお店を訪れました。

そのお店とは。。。 カレーの専門チェーン店である、≪カレーショップ C&C≫ です。
そして今日訪れたのは、このグループの店舗の中でも、ダントツの売り上げを誇る、≪新宿本店≫ なのでした。

ちなみにこの ≪カレーショップ C&C≫ ですが、京王電鉄グループの飲食部門で、京王線沿線を中心として、20店舗ほどが展開しています。
結構人気のチェーンなのか、ファンの方による、こんなサイト も存在しています。

さて、今日訪問した ≪新宿本店≫ ですが、わずか17席(立ち食いなので、定員。) の店舗に、一日約2,000人! もが訪れるという、怪物店舗なのです。
多分、日本で一番の売り上げ数量を誇る店舗ではないでしょうか?

P4160404   P4160405
昼過ぎに到着すると、お店の前には、当然の行列です。。。

今日は、思いっきり “ジャンク” なメニューをチョイスしようと、思っていました。
という事で、入り口のレジで、【ハンバーグカレー】(\510)の 「辛口」 を注文。せっかくなので、【ソフトエッグ】(\60)をトッピングしました。

P4160407
カウンター上の、薬味達です。「紅しょうが」 が置かれているのが、ナイスです。

注文を済ませると同時に、私のカレーを持った店員さんが、「こちらへどーぞーッ!」 と案内してくれます。
早ッ!早すぎます。「注文 → 席が空く → 出来上がり → 着席」 という流れが、完璧なまでに出来上がっています。ホールとキッチンの、素晴らしいまでの連携です。

P4160406
ねえ、いいでしょう? このカレーの雰囲気。
先ずは、ハンバーグから。いや~、このチープな味わい。最高ですね。さすが、期待を裏切りません。

そしてカレーです。「辛口」 というだけあって、ちょっとピリリとするのですが、印象としては、『甘しょっぱい』 って感じです。
この、『しょっぱい』 って部分が、このお店のカレーのミソでしょう。

何故か。この店舗、平日の営業時間は、6:45~23:00なのです。朝の6:45から営業してるんですヨ!
例えば、同じチェーン店のカレーで、名古屋に本社を置き、関東でもその店舗を拡大している、≪CoCo 壱番屋≫ のカレーは、トッピングも豊富ですし、辛さも何段階も選べて、ある種本格的な味わいと、ヴォリュームのカレーを楽しめます。(トッピングに迷っちゃいますますよね。)
ただ、“朝の7時前に食べたいカレー” はというと、断然こちらの ≪C&C≫ に軍配が挙がるでしょう。

“いつ、なんどき” でも食べたい(食べれる)カレー。これが、このお店のカレーの特長ではないでしょうか?
そうでなければ、お店の前を何時通り過ぎても、お客さんが必ず居るなんて、考えられませんから!

<サービス券>
Photo


☆先日のVICK☆
002_4  018_3  005
<公園にて>

031_1
<諏訪湖 S.A. にて>

|

« 咖哩通信 Vol.95 | トップページ | らあめん放浪記 其之拾五 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43271/6112936

この記事へのトラックバック一覧です: 咖哩通信 Vol.96:

« 咖哩通信 Vol.95 | トップページ | らあめん放浪記 其之拾五 »