« らあめん放浪記 其之拾五 | トップページ | 咖哩通信 家庭編(27) »

咖哩通信 Vol.97

≪MON≫ 102店目

久々の 「咖哩活動」 ですな。今日も、敢えてお店を決めずに、“飛び込み訪問” を敢行してみました。
場所は、中目黒。駅から程近い、喫茶店風の ≪MON≫ を訪問してみました。

店内は、外観からの印象通り、まさに 「町の喫茶店」 の趣で、マスター(笑 死語ですね)が一人で切り盛りしています。
メニューに、カレーの文字を発見して、一安心です。(カレーが無かったら、ショックですから。。。) 今日の注文は、【カツカレー(サラダ付き)】(\800)です。

P4260423
やって来たカレーは、ちょとオシャレな喫茶店のカレー風です。生クリームをあしらっている所なんか、そのものですね。

で、問題のカレーはと云うと。。。 全体的な印象は、可も無く不可も無く、といったところでしょうか。
ソースは、牛肉以外に固形物は見当たらなく、さらりとしています。後味に、ピリリとした辛味を感じられ、イメージとしては、『ハウス ジャワ・カレー』 ですね。
ソースにあしらわれた生クリームが、マイルドさをソースに与えていて、これはこれでこのカレーの味のバランスをとっています。

このカレーで面白かった(特徴だった)のは、“カツが小さい” という事です。
「カツカレー」 では、往々にしてカツが主役になってしまう傾向が多いのですが、このお店の 【カツカレー】 においては、その小ささが 格好の “具材” として活かされているのです。

カレーの邪魔をせず、全体的なバランスの中にカツが納まっている、中々こんなカツカレーにはお目に掛かれません。
お店が意図的に、この大きさにカツを仕上げているか分かりませんが、このカツとカレーのバランスは新しい発見でした。

そんなワケで、街の喫茶店のカレーも、侮れませんネ。というのが、今日の率直な感想でした!

☆今日のVICK & OTTEY☆
002_6  006_4
「アイドル風に仕上げてみました・・・」

|

« らあめん放浪記 其之拾五 | トップページ | 咖哩通信 家庭編(27) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43271/6261029

この記事へのトラックバック一覧です: 咖哩通信 Vol.97:

« らあめん放浪記 其之拾五 | トップページ | 咖哩通信 家庭編(27) »