« 咖哩通信 家庭編(26) | トップページ | 咖哩通信 Vol.89 »

咖哩通信 Vol.88

≪パルフェ・タムール≫ 93店目:98食目

今日は、バリバリのオフィス街 茅場町 です。
本日のお店はバーです。というか、本来はバーで、ランチ・タイムにカレーを出しているのです。お店の名前は ≪パルフェ・タムール≫ です。“完璧な愛”。ヴァイオレット・リキュールの別名ですね。

P3220336_3
お店の入口には、こんなメニュー・ボードが。。。 期待出来ます。
開店直後に入店したので、お客は私一人だけです。(その後、サラリーマンの3人組が入店して来ました。)

このお店のメニューは、“欧風” と “印度風” の2種類のカレーに大別されます。そして、各種カレーにオムレツを載せた 【オムカレー】 が、看板メニューのようです。

メニューを眺めながら、【カシミール】(\900)にしようか、【キーマ】(\900)にしようか迷ったのですが、結局一番人気という謳い文句に負けて、【コルマ オムカレー】(\1,100)をオーダーしました。
ちなみにこのお店では、辛さを星の数で表しています。【コルマ】 は★★で標準くらい、で【キーマ】 が★★★の辛口。そして 【カシミール】 が★★★★★★と、かなりの辛さのようです。

P3220335
運ばれて来た瞬間に、玉ネギの甘い香りが鼻をくすぐりました。
卵を3個使ったオムレツが載っているので、見た目はまさにオムライスです。

この 【コルマ】、「飴色になるまで炒めた玉ネギが特長。」 というだけあって、香りだけでなく、口に含むと良く炒めた玉ネギの甘みが拡がります。
どこか、『オニオングラタン・スープ』 を味わっている気にさせるほど、玉ネギの旨みが良く出ています。また甘みだけでなく、ネギ特有の辛味も仄かに感じられます。

もうこうなると、『オニオン・カレー』 と云うべきか、スパイスの融合を楽しむというより、玉ネギそのもの味を楽しむカレー、といった趣です。

卵3個を使ったオムレツは、ふわふわのトロトロで、甘く優しい味わいです。今回の 【コルマ】 玉ネギの甘みがあるので、全体的に大人しい味わいで、女性にウケル一皿かもしれません。
これだけ、オムレツがふわふわだと、激辛の 【カシミール】 でも、辛さを和らげてくれて、意外とすんなり食べれてしまうかもしれません。
という事で、次回は 【カシミール オムカレー】 にチャレンジしようと思います。

それにしても、夜はどんな雰囲気のバーなんでしょうか?見た限り、モルトの種類は余り多くなさそうでしたが。。。(見落としたかも。)

【バス ペール・エール】 でも飲みながら、モルトのラベルを眺めて、何を飲もうか考える時間は、至福の時ですからね。

|

« 咖哩通信 家庭編(26) | トップページ | 咖哩通信 Vol.89 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43271/5782276

この記事へのトラックバック一覧です: 咖哩通信 Vol.88:

« 咖哩通信 家庭編(26) | トップページ | 咖哩通信 Vol.89 »