« 咖哩通信 Vol.86 | トップページ | らあめん放浪記 其之拾壱 »

咖哩通信 Vol.87

≪はんばあぐはうす ぐずぐず≫ 92店目:97食目

本日は、京王線の明大前駅に降り立ってみました。
昼時ですが、時期的に春休みという事もあり、学生の姿も少なく、駅前はちょっと寂しい感じがします。
それはさておき、今日のお目当てのお店は、水野仁輔 さんの名著、

東京カリー番長の神様カレーguide150 Book 東京カリー番長の神様カレーguide150

著者:みずの じんすけ
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

でも採り上げられている ≪はんばあぐはうす ぐずぐず≫ です。

明大前の駅を出て、甲州街道方面へ。甲州街道を渡り、明大和泉校舎の正門の右手にお店はあります。
P3160311
外観と、店内の雰囲気はまさに、「学生街の喫茶店」 といった感じですが、目の前は甲州街道です。車がゴーゴー通り過ぎていて、それっぽくないです。残念ですね。

店内は、雑然としていて、漫画本が沢山棚に並んでいます。まさに学生には打ってつけのお店です。
時期が春休みなので、学生の姿は見当たりません。その一方で、近くの某生保会社のOLサン達(若くはないですが。。。) が沢山来店していて、さながら社員食堂の様です。

さて注文です。このお店の名物の 【はんばあぐカレーソース】(\940)を注文します。この日は金曜日で、ランチの 【Aセット】 にリストされていました。(ライス・ドリンク付きです。)

P3160308   P3160310
ね。カレーではないのです。あくまで、“ハンバーグ” ですから。このハンバーグの上に掛けられている、黒っぽいソースが、このお店独特の “カレーソース” なのです。

さてさて、どんな味でしょうか。ナイフを入れると、ハンバーグの柔らかさに驚きます。
自家製のハンバーグは、フカフカの食感で、カレーソースをしっかりと受け止めてくれています。
そのカレーソースですが、これは結構辛いです。まあ、このお店のカレーは、“辛い” というのがウリらしいのですが。
それでも、唐辛子だけの辛さではなく、生姜が効いているようで、身体の芯から温まってくるような、じんわりとした辛さです。

ハンバーグ自体の美味しさと、ピリッとした味わいのソースが、ご飯にぴったりで、あっと云う間に平らげてしまいました。

今回は、純粋な “カレー” ではありませんでしたが、カレーの懐の深さを、またもや認識する結果となりました。やっぱり、ご飯とお肉に合いますね、カレー味は。

次回は、普通の 【ポークカレー】 を食べてみたいと思います。


☆おまけ画像☆
P3170315
この度、我が家の一員となる、イタリアン・グレイハウンドの 『VICK』 です。
2007年の1月3日生まれの、まだお子チャマ犬です。

初めまして。僕の名前は、NFL アトランタ・ファルコンズ のアスリートQB、マイケル・ヴィック に由来しています。これが、その ヴィックさんです。
20061029_falcons_vs_bengals_003_getty_im   20061029_falcons_vs_bengals_010_getty_im   20060925_010_1024x768

カッコいいですね!今シーズン、NFLのQB として、初めて ランで 1,000yrd. を獲得したそうです。走るのが大好きな僕に、ピッタリの名前ですね。

という事で、以後、お見知りおきを!

|

« 咖哩通信 Vol.86 | トップページ | らあめん放浪記 其之拾壱 »

コメント

きょうは、和泉へ文藝春秋と和泉でじんとか確認するつもりだった?

投稿: BlogPetのクミン | 2007年3月21日 (水) 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43271/5709808

この記事へのトラックバック一覧です: 咖哩通信 Vol.87:

« 咖哩通信 Vol.86 | トップページ | らあめん放浪記 其之拾壱 »