« 咖哩通信 Vol.85 | トップページ | 咖哩通信 Vol.87 »

咖哩通信 Vol.86

≪さんらいず≫ 91店目:96食目

今日は湯島です。湯島駅を出て、住宅街の路地を本郷三丁目方面に進みます。右手に湯島天神を見ながら、湯島のラブホ街を抜けて行きます。
ラブホ街を抜けると、普通の住宅地です。本当にこんな場所に、美味しいカレー屋さんが在るのかと、不安になります。

P3150304
ようやくお目当てのお店が見えて来ました。≪さんらいず≫ です。
店内はカウンターのみで、10席もない程の狭いお店です。カウンターの中には、女性が3人。お母さんと、娘さん2人でしょうか。

今回は、このお店の一番ベーシックなメニューである、【スパイシーカレー】(\600)をチョイスし、【タマゴ(ユデ)】(\50)をトッピングしました。
注文をすると、娘さん(?)が、「タマゴ、カレーに載せちゃっていいですか~?」とか、「福神漬け、お付けしますか~?」と、細かい所まで気を遣ってくれます。

P3150306
こちらが、【スパイシーカレー】 です。
ご覧になって判るかもしれませんが、ひじょ~にシンプルです。いわゆる “シャバシャバ” のカレーで、具は入っていません。確認出来る唯一の固形物は、溶けかかった微塵切りの玉ネギのみです。

店構えや店員さんなどの、表面的な印象だけに囚われると、唯の <お家風カレー屋さん> にしか思えませんが、どーしてなかなか。非常に味わい深いカレーです。

私は思うのですが、“粘度” のあるカレーと、“コク” のあるカレーは、全く別物だと。
もったりした <お家系> のカレーが好きな方には、このカレーは物足りないかもしれません。私自身、“シャバシャバ” したカレーが好きなので、特にそう思うのかもしれませんが、このお店のカレーの向こう側には、きちんと作っている様子が、透けて見えるのです。

P3150307

静かな街並みに溶け込んだ、このお店の様子は、そのカレーの味わいと同様に、根っこがしっかりしているのだなーと、改めて感じさせてくれます。
店の前の路上に並んだ、3台のママちゃりは、お店の母・娘さん達の物でしょうか。

その自転車の様に、飾らないカレーの味わいに、どこか心が和んでしまうのでした。
「ご馳走さまでした。」

|

« 咖哩通信 Vol.85 | トップページ | 咖哩通信 Vol.87 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43271/5709481

この記事へのトラックバック一覧です: 咖哩通信 Vol.86:

« 咖哩通信 Vol.85 | トップページ | 咖哩通信 Vol.87 »