« らあめん放浪記 其之拾弐 | トップページ | 咖哩通信 Vol.91 »

咖哩通信 Vol.90

≪リズカレー・東京 虎ノ門店≫ 95店目:100食目!

虎ノ門の路地裏。しかも居酒屋や中華店などがひしめく、お世辞にもキレイといえない通りに、小洒落たカレー屋が在る、との情報を得て、今日は虎ノ門にやって来ました。

P3270348
路地を歩いて往くと、「テールカレー」 の看板が眼に飛び込んで来ます。
お店の名前は、≪リズカレー≫ です。アルファベット表記では、≪RIZ CURRY≫ です。“RIZ” はフランス語だと、“お米” です。(ちなみに発音は、“リ” ですね。)

P3270351
と、まあ、ご覧のようなCafé風の外観です。確かに、この通りには似つかわしくない雰囲気ですね。

扉を開けてすぐ左手の券売機で、食券を購入します。
メニューは、大別すると 【リズ・テールカレー】(\900)と、【リズ・テールシチュー】(\900)に分けられます。
シチューも気になりますが、今日は当然 【リズ・テールカレー】をチョイス。そして 【半熟たまご】(\100)をトッピングしました。(【ハーフ&ハーフ】(\1,000)もありますので、欲張りサンは、そちらをドーゾ。)

P3270350
真っ白な、四角いお皿に盛られたカレーは、殆ど黒に近い色をしています。
さてさて謳い文句のテール肉は、良く煮込まれており、繊維状のホロホロの状態です。
他の具は、賽の目に切られたジャガイモと、トロトロの玉ネギです。

そのカレーですが、“欧風カレー” っぽい野菜の甘みが最初に感じられますが、その後、柔らかな酸味と、スパイスの辛さが口に拡がります。
途中、テール肉のゼラチン質の部分が口に入ったりして、口当たりの変化も楽しめます。
お店の狙い目としては、野菜やコラーゲンといった、女性に受ける素材を使用した、「ちょっと上品なカレー」 といったところでしょうか?

確かに味わってみると、野菜・肉の旨み(特徴)が引き出されていて、個性的なカレーではあります。

ただ、【半熟たまご】 が丸のままご飯に載せられてるのは。。。ちょっとね~。
【温泉卵】 ならまだしも、さすがに食べにくいですね。(ラーメンじゃないんだから。。。)

お店の造りといい、謳い文句といい、女性ターゲットのお店でしょうから、この辺りの気配りは、必要ではないでしょうか?(あと、値段もちょっと高いかな~。。。サラダも付かないで、¥900はね。)

どうやらチェーン店のようなので、今後どうなるかは不明ですが、味が味なので、ちょっと惜しい気がします。

<ショップカード>
002

|

« らあめん放浪記 其之拾弐 | トップページ | 咖哩通信 Vol.91 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43271/5900473

この記事へのトラックバック一覧です: 咖哩通信 Vol.90:

« らあめん放浪記 其之拾弐 | トップページ | 咖哩通信 Vol.91 »