« 咖哩通信 Vol.80 | トップページ | 咖哩通信 Vol.82 »

咖哩通信 Vol.81

≪BABYLON≫ 86店目:91食目

今日も、先日の ≪Tree's≫ と同様、“夢民インスパイア系” のカレーを出すお店を、訪れてみる事にしました。

場所は千代田区、麹町。地下鉄麹町駅の出口から直結のビルの地下、という最高のロケーションにそのお店は在りました。 ≪BABYLON≫ です。

P2260256
店内は、カウンターのみで、7席ほどの非常にこじんまりした造りになっています。
入口に券売機が設置されていて、食券を購入するオーダー・システムです。
今回は、【野菜ベーコンエッグカレー】(\980)をオーダーする事にしました。

食券を渡し、席に座ると、カウンター上にもメニューが在る事に気付きました。成る程、このお店の売りは、“野菜” のようです。
全てのメニューは、“野菜” の2文字で始まっています。どうやら野菜を含め、食材全体にこだわっているようです。
P2260251

どうやら、辛さに関する指定は無いようです。その代わりに、こんなモノがカウンターに置かれていました。この 「ホット・スパイス」 で、自分好みの辛さに調整出来るのですね。
P2260249
この 「ホット・スパイス」 で、自分好みの辛さに調整出来るってわけですね。

さてさて、こちらもオープン・キッチンで、調理の様子が良く観察出来ます。≪Tree’s≫ 同様、≪夢民≫ の調理手順と全く一緒です。

P2260252
ぢゃ~ん。これが ≪BABYLON≫【野菜ベーコンエッグカレー】 です!
もうこれは、まんま ≪夢民≫ ですね。ソース・ポットまで、一緒なんですから。

P2260255
こちらが、≪BABYLON≫ のそれ。

Pc160297
で、こっちが ≪夢民≫【ポパイ】 です!

では早速頂きましょう。うーん、なるほどなるほど。
キャベツは結構大きめに切られていて、しっかりした食感が楽しめます。トマトの大きさも ≪夢民≫ と同様のサイズで、酸味も丁度いい塩梅です。

カレーソースの味わいは、割とおとなし目で、辛さも控えめです。野菜の甘みと旨みがバランス良く出ている感じです。そして何処と無く、ベースのスープに “和” のニュアンスが感じられます。
ただソースの舌触りが、『本家』 と比べると少々粗い感じがします。何と言うか、ちょっと “ざらっ” とした感じです。(パウダー・スパイスの粉っぽさ、とでも言いましょうか。)

そーは言っても、私好みのカレーである事に違いはありません。
別に、≪夢民≫ のカレーと比べて、どーだこーだではないのです。『本家』 に影響を受けて、同じ様に美味しいカレーを作りたい、という考えに私は好感が持てます。

ラーメンの世界に目を移すと、自分が食べて衝撃を受けた一杯と同じ様な、いやそれを越える様な一杯を作りたい、という情熱が、数々の名店を生んでいる事実が在るではないですか!

そんなワケで、私個人としては、もっともっと “夢民インスパイア系” のカレー店が出現してくれる事を、切に願うのです。

|

« 咖哩通信 Vol.80 | トップページ | 咖哩通信 Vol.82 »

コメント

カレーの話だよ♪

投稿: BlogPetのクミン | 2007年2月28日 (水) 10時35分

クミンさん
いつもどーもです!
また来てくださいネ。

投稿: みうみう | 2007年3月 5日 (月) 21時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43271/5498824

この記事へのトラックバック一覧です: 咖哩通信 Vol.81:

« 咖哩通信 Vol.80 | トップページ | 咖哩通信 Vol.82 »