« 咖哩通信 Vol.79 | トップページ | 咖哩通信 Vol.81 »

咖哩通信 Vol.80

≪Tree’s≫ 85店目:90食目

今日のランチは、人形町に来てみました。
地下鉄、都営浅草線の出口から徒歩1分程の場所の ≪Tree's≫ が、今日のお目当てのお店です。
P2210242

このお店は、野菜たっぷりのカレーが特徴で、尚且つ ≪夢民≫ 風のヴィジュアルとメニュー構成である事が、評判になっているようです。

カウンターに座り、メニューを拝見します。成る程、「ベーコン」や「トマト」など、≪夢民≫ を彷彿とさせる具材が、メニューにおどっています。
今回は、私が ≪夢民≫ での私の定番となっている、【ベーコン・トマト】(\850)に、【スクランブルエッグ】(\80)をトッピングし、辛さは 【3倍】 をチョイスしました。

キッチンは完全なオープン・キッチンになっていて、カウンターからは調理の様子が良く見えます。
注文が入ると、小さめのフライパンでベーコンと野菜(キャベツ・玉ネギ)を炒めます。まさにこの調理手順は、≪夢民≫ のそれと全く一緒ではないですか。仕上げに白ワインを振り掛ける点も、全く同じです。
炒めた具材をカレー・ソースと合わせて出来上がりです。フライパンの大きさといい、オープン・キッチンの雰囲気といい、≪夢民≫ に居るような錯覚に陥ってしまいます。(私が気付いた唯一の違いは、スクランブルエッグを作るときに、生クリームを少々加えていた事位だけでしょうか)

P2210246
カレーが入っている器は、丼風の和食器です。(≪夢民≫ は白いソース・ポットですね。)見た目、ヴォリュームが感じられますね。
P2210247
アップにすると、こんな感じです。

P7210097_1
一方コチラは ≪夢民≫ の、【ベーコンエッグ野菜】 です。

≪夢民≫ のカレーと大きく違う点は、ここ ≪Tree's≫ のカレーの特徴は、野菜を沢山使っていると云う事です。
私が注文したのは、【ベーコン・トマト】 ですが、具材にキャベツと玉ネギが大量に使われています。そのせいもあってか、≪夢民≫ よりもカレー自体の味わいが、少々マイルドに感じられます。
辛さも、3倍の辛さをオーダーしましたが、≪夢民≫3番 に比べると、かなり優しい辛味になっています。

それでも、カレーの完成度は、非常に高いものである事は、疑いの余地は無いでしょう。
野菜の旨みを上手に使っていると思いますし、メニューの豊富さも、幅広い顧客の要望に応えたいと云う、お店側の熱意が伝わって来ます。

お店の方と会話をしていませんので、真相は不明ですが、この様な “夢民インスパイア系” のお店が出てくる事は、私にとって嬉しい限りです。

<ショップカード>
P2240249

☆オマケ画像☆
P2210248
余談ですが、今日の夜は、西麻布三昧でした。(食事して、バーを3軒ハシゴしました!)
そして最後に訪れたバーで、素敵なお酒を味わっちゃいました!
写真のラベルを見て頂ければ、お分かりかと思いますが、『D.R.C.』“マール” を飲んじゃいました!

ラベルの表示では、「ANNEE 1987」 となっているので、今から20年前に 『D.R.C.』 のプロパティーで収穫された葡萄で作られた、“マール” なのです。

え? 感想。

言葉では言い表せない味わいで、ただただ、幸せでした。

|

« 咖哩通信 Vol.79 | トップページ | 咖哩通信 Vol.81 »

コメント

スクランブルエッグが美味しそうですね

投稿: 丹波文七 | 2007年2月28日 (水) 13時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43271/5481784

この記事へのトラックバック一覧です: 咖哩通信 Vol.80:

« 咖哩通信 Vol.79 | トップページ | 咖哩通信 Vol.81 »