« 咖哩通信 Vol.67 | トップページ | 咖哩通信 Vol.69 »

咖哩通信 Vol.68

≪Hot Spoon≫ 73店目:78食目

今日は、ちょっと西馬込に用事があり、嫁と一緒に出掛けました。
勿論せっかくのお出掛けですから、乗り換え駅の五反田で 「カレー活動」 を行いました。

P1140057
今日のターゲットは、≪Hot Spoon≫ です。
五反田駅から、品川方面に歩いてすぐ、ちょっと “チェーン店風” 佇まいが眼に入って来ます。 

メニューは、“印度風” の 【チキンカレー】 と、“欧風” の 【ビーフカレー】 の2種類がベースのソースになっています。
今日は、嫁と2人なので、【たまごカレー】(\880)を、それぞれ 【チキン】 と 【ビーフ】 で注文しました。

P1140059   P1140060
こちらが、【チキンカレー】 です。いかにも “印度風” らしい、さらさらのソースに、骨付きの鶏肉が2つ横たわっています。
ソースの上に振り掛けられた、ワケギの緑色が鮮やかです。(この辺は、ちょっと “和風” のニュアンスを感じます。)

さらさらのソースは、それ程スパイスのアタックを感じません。14種類のスパイスをブレンドしているそうですが、とてもおとなしい印象のカレーです。ソースには、人参のみじん切りが、かなり多めに入っているのが見受けられます。
この人参も含めて、ソース作りの段階で、玉ネギなどの野菜を結構使っているのかもしれません。
辛さの調節に関する告知が、メニューに載ってなかったので、何も言わずに注文しましたが、“印度風” にしてはスパイシーさと辛さに欠ける気がします。

具の骨付き鶏肉は、一度焼き目を付けてから煮込んでいるようです。ただ、骨が身離れしにくく、細かい軟骨がかなり邪魔をしてちょっと食べにくいですね。(何でだろう?)

P1140061
一方こちらは、“欧風” の 【ビーフカレー】 です。
もうこちらは、まんま “欧風” です。「カレー」 と云うよりは、どちらかと云えば 「洋食のソース」 といった感じでしょうか。
こちらは、21種類のスパイスをブレンドしているそうですが、玉ネギとブイヨンの “欧風出汁” が前面に出ていて、スパイスの特長が感じるのが困難です。
ご飯には合う味わいなのかもしれませんが、ちょっと甘すぎます。

「手作りカレー」 を謳っているお店なので、また違った味わいのカレーを生み出してくれるかもしれません。もうちょっと、良い意味で、パンチの効いた味わいのカレーの誕生を心待ちにしてみましょう。

|

« 咖哩通信 Vol.67 | トップページ | 咖哩通信 Vol.69 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43271/4928176

この記事へのトラックバック一覧です: 咖哩通信 Vol.68:

« 咖哩通信 Vol.67 | トップページ | 咖哩通信 Vol.69 »