« 咖哩通信 Vol.66 | トップページ | 咖哩通信 Vol.68 »

咖哩通信 Vol.67

≪あづま≫ 72店目:77食目

今日は銀座の洋食屋さんです。

銀座6丁目の老舗洋食屋さん、≪あづま≫ にお邪魔しました。入口のメニューに、「銀座で愛されて31年。」 と書かれていました。(多分合ってるとおもいます。。。)
雑誌などでも度々紹介されており、【オムライス】 が有名です。
P1120048

実はこのお店、メニューに 「カレー」 というカテゴリーが有りません。
んで、ぢゃ 「カレー」 は? と言うと、いわゆる “ミックス・プレート” の一部として、カレーが登場しているのです。
今回注文したのは、店名を冠した 【あづま】(\950)です。

P1120047
ご覧のように、紡錘形に盛られたご飯の上に、カレーがかけられています。そして、ハンバーグとサーモンフライ、ナポリタン風スパゲッティと千切りのキャベツが、一皿に盛られています。
まさに、“大人のお子様ライス” です! この組み合わせは、どことなく長崎名物の 【トルコライス】 を彷彿とさせます。
ここ ≪あづま≫ では、このメニューのもうひとつのバージョンとして、【あづスパ】(\850) が在ります。ハンバーグとサーモンフライの替わりに、ご飯と同じくらいのナポリタンと、カニクリームコロッケが添えられている一品です。

とにかく、カレーを頂きます。デミグラスソースと見間違う程の、茶褐色のソースですが、しっかりとカレーの味わいになっています。しかも、“欧風” に在りがちの、変な甘さは感じられません。
この豪華な組み合わせにあって、逆に地味に感じられるカレーですが、しっかりと、その存在感を発揮しています。
カレーには、具は入ってなく、あくまで 「ライスのソースです!」 的なスタンスが、逆に好感が持て、非常にご飯に合う仕上がりになっています。

そして、ハンバーグとサーモンフライの味わいは、流石に 『洋食屋』 です。
以前訪れた時に、厨房からハンバーグを整形する、「ペタ、ペタ」 という音が聞こえてきたので、自家製である事は間違いないでしょう。

この場所で、このメニューを、¥850で楽しめるなんて、やっぱり銀座は奥深い街です。
週1回は通いたくなりますね。この味わいは。
“オヤジ” のハートを鷲掴みにする一品でした!

<ショップカード>
P1240128

|

« 咖哩通信 Vol.66 | トップページ | 咖哩通信 Vol.68 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/43271/4910213

この記事へのトラックバック一覧です: 咖哩通信 Vol.67:

« 咖哩通信 Vol.66 | トップページ | 咖哩通信 Vol.68 »